脱ぶら下がり奮闘記

ゆるふわな感じで日々の出来事や考え事を書き連ねるブログです。

天秤座力を磨いてみようと思った話

自分の性格・考え方が作られるのは幼少期の環境だったり主に後天的要素が強いとは思うんだけど、先天的に何か説明できるものがあるとしたら?と考えた時に天秤座の特徴を読んでみた。巷で話題のしいたけ占い と同じかそれ以上に自分中で定評のある石井ゆかりの星読みより。

 

天秤座の性質を表現する時「平等・公平・バランスが良い」などの言葉で形容されることが多い。自分の中ではフェアということばがしっくりくるんだけども。確かにこの要素は強くあるなーと思った。昔は全然そんなことなかったのにここ数年は特にこの色が強くなってきている。多分、モノの見方・考え方が多角的になることで成長機会が増えることに気づいたからじゃないかな。

 

物事を単一視点からしか見えない人(いないとしても視点の数が少ない人)は同じような壁でいつも躓きがち。なんと言っても過去の自分がそうだったと思う。~~とはこうあるべきなんじゃないか、みたいな「べき論」が強くなっていて、それによって受けれた恩恵もあるにはあるものの、毎度同じような壁に跳ね返されてしまう。

敢えて単一視点からモノを見つめて全力疾走する時期も大切で、短い時間内に尖った成果を出さなければいけない時とかは威力を発揮する。こういう短距離走は速いに越したことはない。

ただ長い間そうしてしまうと考えが凝り固まってしまい、原理主義者っぽくなるような気がしていた。単一視点や原理主義自体が悪いわけではなくて、ただ自分の進みたい方向性ではないと感じたので捨てることに。

 

最近は何かを決める時、それがX個の選択肢から1つを選ぶ作業だとしたらXに入る数字が以前より確実に増えた実感はある。しかもただ数が増えただけでなく多様な要素が入るようになってきた。選択肢の一長一短を認識すること。自分の進みたい方向性に沿って取捨選択すること。必要であれば、短い時間軸では捨てざるをえないものを拾いにいく時間も作ること。そんな風にして様々決断ができるようになった感じがする。

 

バランス感覚に優れた意思決定ができる能力のことを自分の中では「天秤座力」と呼んでいる。昔はバランス感覚が良い、みたいな言葉があまり好きじゃなくて、なんとなくどっちつかずで優柔不断ぽい印象を受けていたのだけど、いざ自分がこの力を磨こうと思った時に優準不断とは対極にある考え方だと気づいた。

天秤座力を磨くには、調和を取る要素どうしの重さを理解していないと難しい。なぜなら日常生活における意思決定の場面で同質のモノを比べあうことことよりも、異質なモノどうし(例:お金と時間、恋愛と友情、高給とワークライフバランスなど)を天秤にかけることの方が多いから。優柔不断な人との違いはここで、決断に必要なキーファクターを理解しているか否かだと思う。

 

ついでに言うと、ある程度の方向性がわかっていなければ良い決断をするのは難しいとも思っている。方向性がまったくもって示されていなければ、現在起きている事象にどれだけの課題感があるのかわからない。よく例えに出すのは「足が遅い」という事象は陸上のスプリンターにとって致命的な弱点でもスイマーにとってはどうでも良いって話。「事象」は方向性によって「課題」かどうか定義される。

 

そんなこんなを考えて課題だなーと思ったことについては解決策を練るわけだけれども、ここでも大概、時間・お金・誰とやるか、みたいな要素を混ぜて考える必要がある。出した策の一長一短を見て最大メリットを取りにいくこともあれば最少デメリットを取りにいくことも。

 

意思決定は一瞬だけど、常に多角的な視点から検証するスタンスは大事にしていきたいな。そして自分と違う考えに対して排他的になるのではなく、そういう考えも取り入れるとしたらどうなるか考えられるようになりたい。自分の軸は持ちつつ、Xに入る要素は常に増やせるように。

 

その方が多彩で何となく人間的に成長できる気がしましたよっと。

 

決断についてあれこれ

物事をなかなか決断できない友人と割となんでも即決しちゃう友人がいたとして、自分の周りには高校・大学の友人が前者に多くて後者は地元の友人に多い。
 
簡単に書いておくと僕の地元は東京23区で下から2-3番目に平均年収が低い地区。 「親の収入が子供の学歴に影響を及ぼす」という調査結果が世間を賑わしてかなりの年月が経って、当初は「ふーん」程度にしか思ってなかった話題だけど、 そういう視点で地元を見るとなんだかわからんでもないなという複雑な気持ちになる。
 
どういうことかちゃんと書こう。
 
小中学校時代、周りの友達と遊んでいて誰の家が特別金持ちとか貧乏みたいな感覚はまったくなかった。みんな普通の家に住んでいたし、ここでは誰もが世の中の平均的な暮らしをしていると思っていた。
 
他地区との違いを少し感じたのは高校の時。高校に入って文京区、世田谷区、豊島区出身の人たちと話をしていると、幼少期に結構なお金のかかる習い事をしていたり、有名なホテルで毎年家族の誕生日祝いをしている人がぼちぼちいた。当然地元にもこういう人はいたし、そんなのどの地域でも少数派でしょという意見も出てくるけど、母校がそれなりに難関高校だったことを考えると、恐らくそれなりに高いレベルの教育を受けてきて、そういった環境を提供できる家庭で育ってきていることも推測できる(自分の様に最後の1年だけ憑りつかれたように勉強してまぐれ合格した奴はいなかったw)
 
子供に良質な選択肢を揃えてあげられる家庭に育ち、幼少期から多くの選択肢に触れて何かを「選べる」環境で過ごした人は、選択肢を選ぶ(決断する)ことで自分の可能性を広げられることを知っている。
 
一方、地元の友人と話していると節々に「俺にはこれくらいのことしかできないから」というニュアンスの言葉をよく聞く。元々持っている選択肢の数が少ないと思っているのか、どれを選んでも未来は大きく変わらないと思っているのかは不明だ。ただ、それが故に「悩まず即決できる」という強さを持っている。そして自分にとって最低限何があれば幸せなのかをよくわかっている。
 
本来、決断とは何かを選ぶ代わりに、それ以外のものを捨てることを意味するが、選択肢を広げる決断に慣れている人は「捨てる 」ことに慣れていないように見える。例えば「良い高校に行けば良い大学に行ける可能性が広がり、良い大学に行けば良い会社に入れる可能性が広がる 」と教わってきた人たちは高確率で当てはまる。
 
自分は二兎を追うから二兎を得られたんだ!という経験があったとしても、要素分解していくと選択肢どうしの距離感、程度感、方角が近かった だけかもしれない。努力によって物事を両立したり自身の可能性を広げていくことはとても素晴らしいが、結果として今何を捨てているのかは意識しておきたい(自戒)

才能についてグダグダ書いてみる

最近「才能」について考える機会が多い。

 

社会人を5年やっていればそれなりに後輩を指導する場面とか、チームを任される機会は増えてきた。人の能力には差があるので、同じ仕事を任せたとしても一定レベルまで達する時間は様々。経験に基づいた能力であれば「過去に同じようなことをやったことがある」者が有利なのは何となくわかるが、未経験者どうしでも差が生れるのはなぜか。仮に先天的な差があるとしたら、所謂「才能」という言葉で表現されるそいつの正体は何なのか。そんなことを最近ずっと考えていたので、ここら辺で「才能」についてグダグダ書いてみる。

 

 才能=ショートカットツール、という考え

普通の人が10の力で頑張らないとできないことを2~3の力でやれる人がいれば、それはその分野において「才能がある」と思われるのが一般的なのではないか。

 

勉強・スポーツだとこの辺はわかりやすく表に出やすい。特に小学校低学年のスクールカーストはほぼ生まれつきの才能勝負で決まる所はあると思っていて、足が速い奴は人気が出るし勉強できる奴は尊敬される(最近は知らないけど)だから自分の才能を活かせる分野と早くに出会えたらその分、早期から活躍できる可能性は広がる。

 

誰もがそんな幸運な出会いに恵まれるわけではないのも事実だけど、そうなったら持って生まれた才能を活かせる分野を探して自分から飛び込んでいけば良い。(この話は才能があって、本人も自覚している場合を前提)

 

自分の場合は生まれつき足が遅くて体格が良いわけでもなかった。総じて身体能力が高いわけではないものの、肩が強かったのと反射神経・動体視力はそこそこ良かった。あとは「見た動きを自分のものにする力」「この先起きそうなことを予測する力」がそれなりにあったおかげで、野球ではキャッチャーとサード、ラクロスではゴールキーパーをやれていた。「我が一族は皆、足は遅いが背筋が強くて反射神経が良い」という謎の口癖を父親が幼少期から言い続けていたので、もしかしたら自分は勝手に洗脳されただけかもしれない。どうせ洗脳されるなら足も速くして欲しかった。

 

まあ、ここで言いたかったのは、自分の才能を分析してそれが活かせるフィールドを探してみましょう。そっちで勝負した方が勝てる確率は高いですよね、という話。 「才能=ショートカットツール」という考えはこんなところで良いだろう。大して深堀するまでもなく共感は得やすい考え方だと思う。

 

ちなみに外見についてはショートカットの最たる例だと思っている。そもそも外見が良くないと踏み込めない世界が存在するのは事実だし、それだけで得をすることもあるのは生きていく上で隠しようのないことだと思う。cakesで連載されているカレー沢薫さんの「ブス図鑑」ではこの辺をかなり鋭く切り込んでいて、彼女の意見に賛否を言うつもりはないけど読み物としてはかなり面白い。彼女の考察力、独特の表現力は他の人が身に着けようと思っても中々できないと思う。

cakes.mu

 

才能があるから継続できる、という考え

小学校時代の友人から教えてもらった考え方。彼は自分が出会った人の中で5本指に入る頭の良さを持つ。頭の良さを物語るエピソードは沢山あるが、一番は色々あって中学・高校と外に出れない期間がずっと続いたにも関わらず大学受験すると決めた2か月後には国語と英語の偏差値が70を超えたことだろう。もちろん外に出れなかった期間を勉強に費やしていたわけではない。まったく勉強していない状態から短期間でここまで高い成果を出せる人はそういないんじゃないかな。。。

 

彼に言わせると自分の意見「才能=ショートカットツールであること」は間違いないけど、それが故に継続できるという点がポイントらしい。

 

普通の人が10の力で頑張らないとできないことを2~3の力でやれる人」は、ちょっとやれば他の人より活躍できるから継続するストレスが少ない。加えて「活躍できる→楽しい→自然とのめり込む」という順で無意識に反復回数が増えてくるとどんどん成長が加速していって、その分野における能力が高くなっていくのではないかと言っていた。

 

反論の余地が無い。彼は昔から物事が上手くいくパターンを瞬時に理解できたり、人の気持ちに入り込んで共感する力が異常に高かった。新しい情報を取り入れて、その場に適した正しいアウトプットを出す作業が得意だったし、その行為を人生の中で無意識に反復し続けていたからこそ受験勉強でも短期間で高い成果が出せたのだろう。

 

そうなると高い成果を出した人の「自分は継続できる才能があっただけ」という発言を鵜呑みにするのはとても危険。中にはショートカットツールとしての才能を持ち合わせないまま、それでも取り組んでいる物事が好きで努力を続けて高い成果を残せる人もいるとは思う。ただ確率論的にはそうでない人の方が多いだろう。多くの場合は才能があるから継続できるのであって、自分の才能を正しく理解して、それが活かせる分野を探すことが成功確率は高まる気がする。

 

為末大さんの「諦める力」でも似たようなことは書かれている。

www.amazon.co.jp

諦めると聞くとネガティブなイメージが強いが本来の意味は「明らめる」から来ていて、道を明らかにするというニュアンスだった。読んだのが随分前なので正確に覚えているわけではないものの、自分の持っている力を正しく理解して進むべき道(成功確率が高い道)を選択していきましょうという内容だった。その過程で「進まない道」をどう諦めるかが書かれてあるので、進路に悩んだ人は手に取ってみると良いかもしれない。

 

才能とは集中力の掛け算、という考え

これまたcakesからカッピーさんが連載している「左ききのエレン」より

 

cakes.mu

集中力には「深さ」「長さ」「早さ」があって、この3つの要素の掛け算が才能の正体なのではないかという考え方。

 

自分はこの回を何度か読み返してはいるけど本質的な部分まで理解できてない。ここでは「努力を継続できる=集中力を持続できる」ということになるが、例えばアスリートの習慣化したトレーニングや食生活は自動運転みたいなものだ。そこに集中力の介在余地があるようには思えない。歯を磨く行為が努力ではなく習慣化して日常に溶け込んでいるのと同様に、成功者の多くは意識しなくてもできるレベルまで他者から見たら努力と思われる行為を習慣化しているケースは少なくない。

 

成功するためにやるべきことを探求していく行為は集中力の掛け算でも説明はつく。探求に必要な集中力の「深さ」「長さ」が一定必要なのもわかる。その先の習慣化した自動運転は集中力の掛け算理論では説明がつかない気がしている。自分的には友人の理論の方が納得いくなーという感じ。

 

発展途上の考察なのでまた機会があれば(気が向いたら)書こう。

 

寝ませうZzz

もうすぐ3年目を迎える夜に思うこと

夜に書く文章はグダグダして結局何が言いたいのかわからなくなることが多いからこれまで避けてきたけど、たまにはそんなんでも良いかって思って書いてます。

 

もうすぐ、今の会社に転職して3年目を迎える。自分が入社した時は5人目の社員として、中途入社第1号として加わった。当時は今より更に何もわからない状態で事業も組織も伸ばしていかないといけない状況だった。そんな中、常に持っていたのは「結果を出さなければタダメシ食らい」という考え。

 

中途入社に求められるのは「即戦力」。長い育成期間を経て1人前になってもらう新卒社員とは違って、それなりに社会人というものを経験している人間を採用するわけだから1から全部教えなくてもある程度は見て学んですぐに戦力になってくれよ、っていう立ち位置。この辺は会社のスタンスもあるとは思うが少なくとも4人しかいない組織に飛び込むっていうことはそういうこと。一度したミスは次は繰り返さないように覚えるし、早く仕事を覚えるためにイチイチ教わらなくてもやった方が良いかな?と思ったことは片っ端からやってみるスタイル。まあそんなことは中途に限らず、そこそこやる気のある奴なら誰でもやるだろうし当たり前のことなんだろうな。

 

だから今になって思うことは、自分にとっての当たり前の基準はとても低かったなということ。

 

結局2年間やってきて自分の「当たり前」レベルが格段に上がったかと言われるとそうでもない。「意識すれば誰にでもできることをきちんとやる」ことが「当たり前」だとしたら、常に全部できているわけではないし色んな言い訳をしながら緩やかな階段を登ってきたに過ぎないのではないかと思う。本当にレベルの高い人間ならもっと貪欲に自己成長機会を自分で作っていけただろうし。組織の目指すステージにおいて個人に課される「当たり前」レベルは当然変わってくるにも関わらず、自分は自分の中での当たり前しか実践できていなかったなと痛感するわけです。

 

なぜそう思うようになったかと言うと、自分たちの先を行く会社が5‐10人規模だった時に自分みたいな奴が採用されていたか?入社後に活躍できているか?と考えると、Noという答えしか出てこないから。もっと頭がキレて突破力も推進力もある人じゃないとそういう世界で戦っていけないのではないかと思う。

 

それが今このタイミングでわかっただけでも良かった。もっと早くわかりたかったけど、自分が経験してみないとわからないものだね。

 

今年はまだあと2か月あるので、自分に求められるレベルが何なのか、どうあるべきなのかをもっと深く考えて過ごしたいと思います。

若手の挑戦を見送る人の心境

先日友人が転職した。その友人は名前を聞けば誰でも知っているメーカーに勤めていて、この度名前を聞けば誰でも知っている広告代理店に転職することになった。

 

友人はエネルギッシュだった。地方に転勤になっても毎月の様に東京に来て友人と会ったり転職活動したり。今の仕事に不満を持ちながらもそこで腐るのではなく次にどんなステップに進むか一生懸命考えていた(様に見える。ひいき目もあるかもしれないけど)

 

友人の転職先が決まり上司に報告する瞬間が来た。

 

自分も経験あるがこの瞬間はとても緊張する。今までお世話になった人への恩は感じつつも次のステップに進みたい思いもあるし、恩返ししたいけどここではない場所の方が頑張れる自分がいるのも知っている。もしかしたら上司から「お前ふざけんな!」と怒られるかもしれない怖さも入り混じって振り絞りながら伝えた転職報告。上司からは意外な返答があった。

 

「お前よくやったな」

 

 「あんま大きな声じゃ言えないけど直属の部下になった奴らには必ず転職サイトに登録させてんだよ。うちは大手だし、時間はかかるけど上に行けばそれなりに大きな仕事も任せてもらえるようになるけど、、、やっぱ若いうちは東京にいた方が良い。東京には色んな仕事、人、情報が集まるから、若い頃はそこで沢山揉まれた方が後々自分のためになる。この環境は恵まれてるけど、うちだけがすべてじゃない。そのことを知って欲しくて転職サイトにも登録させてるんだよな。表向きは『自分にどんな市場価値があるのか知っておけ』って言ってるんだけどさ。」

 

「そういえば最近俺の娘も最近転職したんだ。だからってわけじゃないけどお前の転職はすごく良い決断だと俺は思う。俺はそれなりの役職になっちゃったし、年齢も家族もあるから今からどうこうできるわけじゃない。たまに東京に住んでる家族に会いに行くけど、俺も若いころに戻れるならあの町で挑戦してみたいな。いやーお前が羨ましいよ。東京行っても元気でやるんだぞ!」


上司の娘が転職したばかりとか、東京に家族を残して地方で働いているとか、部下に転職サイト登録させていたとか、友人はその時初めて聞いたらしい。

 

この話を聞いた時、恥ずかしながら友人と2人で泣いてしまった。恐らく上司は自分がもう挑戦できる状態ではないことを知っていた。それが体力・気力的になのか、市場価値云々の話なのかは重要ではないが恐らくそのどちらもだろう。

 

『今の自分に後悔があるわけではないが若いころに戻れたら多少給料が下がってでも心からやりたいと思える仕事に挑戦したい。家族と離れ離れになって暮らすのは辛いけど、今の職場でこの役職に就けるまでに何年もかかった。家族を養っていくためにも今さら辞める選択肢はない。ただ、これから自分の部下になる者には自分の様になって欲しくない。名前のある会社でそれなりの役職に就くまでに何年もかかった。気が付いたら人生をかけて挑戦できる年齢ではなくなっていた。今の俺にできるのはこれから挑戦していく者を応援するだけだ』

 

完全に推測でしかないが、友人の上司はこんなことを思っていたのかもしれない。かなりの拡大解釈であることはわかっているがそんなに大外れはしていないと思う。

 

僕たち2人に上司の方を馬鹿にする気持ちは一切ない。家族を養うために大企業で一生懸命働いて昇格してやっとの思いでここまで来た自負はありながらも、ここを去って新たに挑戦していく若手を前に思う所があったのではないか。様々な感情が交錯するなかで去って行く部下に「よく転職した」と言える人は多くない気がして、その上司の心境を考えると何も言葉が出てこなかった。

 

ゆるふわ人体実験6ヶ月目突入

2016年に入ってから自分の身を通じてゆるふわに人体実験をしてきたのですが、今の所良い効果しかないので次の半年も続けていこうと思ってます。

 

この実験は「いかに気分屋な自分の『気分が下がる時」を作らないか」がテーマで、昨年末アメリカに向かう飛行機の中が暇すぎて思いついた企画です。もう少し詳しく言えば、2015年は公私ともに悔しい思いをすることが多くて、何かを変えよう!と思った時、自分を心身ともに良い状態に保つことができればパフォーマンスの質も向上していくのではないかと考えた末に、生活習慣から変えていこうと思ったわけです。

 

具体的に実践してる実験内容はざっとこんな感じ

・禁煙(序盤かなり辛かったけど今は完璧に克服)

・減酒(基本的にノンアルだけど飲んでも2杯まで)

・運動(朝走ったりジム行ってから出社。夜中に行くことも)

・栄養(ビタミンB群/Cを意識して多めに摂取。そのための自炊)

・勉強(毎朝必ず10-15分は読書してから出社)

 

色々試した結果、今はこの5つに落ち着きました。

 

 

自分の場合、気分が下がる原因は「疲れ」「体調不良」からくることが多かったので、まず活性酸素が体内に生まれる機会をなるべく減らそうと思ってタバコは完璧に止めて酒もがっつり減らしました。禁煙はだいぶ辛くて、タバコを吸う夢を見るくらい4ヶ月目くらいまでは追い込まれてましたが、今は完全に乗り越えたと思います。

 

運動と栄養については、外部から与えられる疲労がストレスになりやすいと感じたので、同じ疲労感ならできるだけ自分から取りに行こうと思ってランニングとジム通いを始めました。当然、結果的に身体は鍛えられるのですが、そもそもの目的は自分から追い込んで外部から与えられた疲労を超える疲労感を自ら取りに行く、というゆるふわの極みな行為なので、やりすぎて翌日に後悔することも多々あります。そこで疲労回復に役立つ栄養をとることで、なるべく疲れにくく、かつ回復も早くなるような策を考えました。

 

勉強というか読書については、先輩や姉からオススメの本を教えてもらったのに中々読めていなかったので強制的に朝読むようにし始めたのがきっかけです。朝の10-15分しか読んではいけないと思うとその時間に集中して読むことができるので、このまま継続してみようかなと思ってます。

 

 

5ヶ月間やってみて昨年より明らかに気分的な上下が減っただけでなく、日中の集中力やその継続時間は断然今の方が優れていて、体調も良い状態をキープ出来ている気がします。最初は色々辛いこともあったこの人体実験企画ですが、効果を感じられると続けるのが楽しくなって今では意識しなくても習慣として自然にできるようになりました。

 

 

そうは言っても梅雨で気分が晴れず、ぶら下がりやすい時期に突入しそうなので、こうやって外部に発信することで強制的に継続させていこうと思います。

 

焼肉ランチに行ってきました

先日、ブログを始めた目的の一つだった「仕事上で関わった方の良い所を自分目線で書く」を遂行すべくアカツキの小倉さんをランチにお誘いしました。

 

初対面の時から頭のキレキレ度合に圧倒され只者でない空気感を感じていたものの、柔らかい口調から漂う安心感によって僕の中の「深く話してみたい人リスト」に入れさせてもらいました。

 

お互い、前職が不動産関連という今のフィールドとは全く別分野から転職してきたこともあり、前職の仕事内容から転職に至った経緯、今後トライしたいことまで、幅広くお話しさせて頂きました。

 

お互いの仕事に対するスタンスや哲学を話していくなかで、小倉さんの「目の前の相手に本気で寄り添い、とことん本音で前向きにアドバイスできる」人間力?というか、天性の思いやリ力みたいなものに、僕はとてつもなく魅かれてしまいました。初対面の時から感じていた、あの安心感・空気感もここから来ているのだと思います。もし今、自分が求職者の立場だったら真っ先に相談していることでしょう。

 

新卒・中途問わず、多くの求職者の方はどこかモヤついていたり、今の仕事や将来について不安を抱えていることかと思います。少なくとも自分は転職の時も不安も多かったし、自分の主張は正しいか?相手に受け入れてもらえるのだろうか?という考えが頭から離れなかった時期もありました。

 

そんな相手に採用担当という「いち営業マン」としての立場だけでなく、「いちキャリアアドバイザー」的な立ち位置で、一緒に将来のことを寄り添って考えてあげられる人事の方はとてもクールだと思います。

 

ただ、このようなスタンスはmustだと思わないし、むしろ面接受ける時点で考え固めてから来てよっていうのが普通?なのかもしれないですが、だからこそ、相手に寄り添うスタンスを持って相手と接することができる小倉さんは多くの求職者の方にとって「有難い」存在なのではないかと思うわけです。

 

自分は学生時代の就活で「面接この日にやるよー」と言われて行ってみると「何しに来たの?あれ、今日だっけ?やべぇ、ちょっと待ってて」みたいな感じでダンボール詰まれた部屋で30分待たされる、という様な経験もしたわけですが、不安定な状態の求職者にとって「された嫌だったこと」「してもらって嬉しかったこと」は意外と記憶に残ってるものですね。

 

僕は嬉しいことに、自分の周りには小倉さんの様に相手の将来に寄り添って本音でアドバイスしてあげれる方が多くいらっしゃるので、今後もゆるゆると尊敬してる方や好きな人について書く機会も増やしていこうと思ってます。

 

小倉さん、今回はありがとうございました!

 

 今後も超絶不定期に更新していきます。