脱ぶら下がり奮闘記

ゆるふわな感じの暇つぶしです。

10代の頃のセンスを捨てられるか

10代の頃のセンスに頼って生きている同世代が苦しんでいる姿を最近よく見かける。

 

彼らは人より早く答えを導く能力に長けてる。恐らく幼少期から学校でもそんな感じだったのだろう。周りよりも理解力に優れ「あいつらがなんでわからないのかがわからない」状態を過ごしてきた人たちなんじゃないかと思う。無論、自分は「あいつら」側の人間である。

 

10代の頃に感じたセンスの良さをもう少し言語化すると「一般解を素早く出す能力に長けている」ということかもしれない。答えがあるテスト、一般論を教え込まれる学校教育において無双できるスキルだと思う。

 

そんな無双連中が20代後半で悲鳴を上げている場面をよく見かける。その多くがベンチャー界隈で働く友人たち。体育会時代の仲間で大手企業に行った人たちはまだ大丈夫。多分これから先も。

 

なぜ彼らのようなセンス溢れるビジネスマンが悲鳴を上げるのか。そのヒントはこの本に書かれている。

センスは知識から始まる

 

少しだけネタバレを。 

 

“「センスのよさ」とは、数値化できない事象のよし悪しを判断し、最適化する能力である”

 

“センスとは、さまざまな知識を蓄積することにより「物事を最適化する能力」であり、誰もが等しく持っている。”

 

全てがここに集約されている。

で、ここからが結構重要。

 

自分が「10代の頃に感じたセンスの良さ」は「一般解を素早く出す能力に長けている」ということ。水野さんの言う「物事を最適化する能力」と似ているようで圧倒的に違う。

 

「10代の頃に感じたセンス」は予め用意された解に早く辿り着けるというもの。言っちゃうと一般解が用意されたフィールドにおいてのみ無双できるスキルなんです。このスキルは20代中盤くらいまではそこそこ役に立つ。社会人になって色んな仕事の基礎を固める上で、同期より吸収速度が速いことがそれなりのプレゼンスを誇る時期もあるでしょうし。

 

そんで20代中盤~後半がベンチャー界隈でどういう時期かというと、それなりに社内で評価されて昇格・昇進したり、会社の総会で表彰されたり、後輩が出来てチームを任されるようになったり。「まあ俺だしね」と勘違いの極みに達する時期でもある。

 

 

さて

 

この先に一般解はあるのだろうか。

 

先に言っておくと10代のセンスで解ける問題はあまり多くない。学校で教える一般解は凡人製造論でしかなく、若い頃から突き抜けた成果を出したい人にとって一般解ほど無意味なものはない。TVに映るトップアスリートたちを見れば一般解を突き破った存在であることは簡単に想像つくはず。

 

そんな時は「知識の蓄積」に走ろう。僕が社内でよく言うワードで言えば「公式のインストール」。これ超重要で、水野さんの本は10代のセンスで躓いた20代中盤~後半の同世代に強く薦めたい。

 

ただ、ここでも壁は存在する。。。。10代のセンスを捨てられない人にとっては、長い時間をかけて何かをすることが耐えられないのです。そうなったら優しく「乗り越えるか諦めるか選べ」と言いたい。いや、実際は諦める必要ないんだけど。時間かけて色んな人の話聞いたり本読んで知識を蓄積してればそのうち何か良いことあるよっていう。

 

20代後半からはある一定時間をかけまくれるとか、反復しまくれる能力の持ち主が日の目を浴びるシーンが増えてくるんじゃないかと思う。好きなことに没頭しまくって同じことを無限回やれる人とか超強い。

 

 

書きたいことは以上なんだけど、最後になんで体育会時代の仲間で大手企業に行った人たちが大丈夫なのかも補足しておくと、そこにはまだ一般解(らしいもの)が存在するからっていうのと、一般解が無い中で意思決定を迫られる立場にいく人が少ないからです(既にその少数派で見事に成果出してる友人もいますが)

今日までずっと

自分を支えてきてくれた言葉があります。

 

「きっと穣は大器晩成型だから。今がダメでも人より練習してたら絶対に上手くなるよ。人より練習すればな。」

 

中学2年の時、所属していた野球チームのコーチからかけてもらった言葉です。14歳の自分はこの言葉をきっかけに少しずつ変わっていくことができました。

 

小さい頃から走るのが遅くて運動は全般的に中の下かそのあたり。勉強は学年で下から数えた方が早く展覧会の作品もセンスなし。取り柄らしい取り柄がほとんどないまま僕は14年間過ごしてきました。

 

14年間もそういう状態が続くと多分ほとんどの人は「自分てダメな奴だなー」と思ってしまうでしょうし、当然自分もそうでした。特に僕の場合は姉が3人いて、皆できる人たちだったが故に余計その考えは強かったと思います。

 

長女は高校までずっと理系の成績がトップでそのまま国立の大学へ。次女は英語ペラペラで学生時代に世界一周したりカナダ留学するような感じの人。三女は姉弟で最も運動神経が良く、小さいころから陸上の大会に出るなど。3人とも素晴らしい才能の持ち主でした。

 

持って生まれた物レベルで言ったら天と地の差。本当に同じ両親から生まれてきたのか疑うレベルだったと思います。野球チームのコーチはその辺の事情もよくわかっていて、僕が家や学校で怒られたんだろうなと思うといつも気さくに励ましてくれました。

 

「大器晩成だから今はダメなんだよ。ダメでも良いから人よりかは練習してみなさい。俺に騙されたと思って。」

 

「ダメでも良い」と言ってもらえたのは初めてだったので、とりあえずコーチの言ってることを信じてやってみようと自主練を始めました。結果が出るまでに時間はかかったものの、毎週手の平を見せて「うん、振ってる。合格。」と言ってもらえるのが嬉しくて素振りを続けたのを覚えています。

 

コーチはテストの点数や内申点も気にする方で、日頃から「学校の成績悪かったら試合出さないよ」と言っていました。人より練習すれば打てるようになったから、多分勉強も人よりやれば良いのかも。という単純な理屈で机に向かってるうちに、これも時間はかかりましたが学校の成績も伸びていきました。

 

これまでずっとダメだった自分でも、頑張り続けることで何か変われるかもしれない。

 

その感覚は当時の僕にとって唯一の光だったと思います。結果的に1年後には全員に無理だと思われていた第一志望の高校にも受かって、色んな人から奇跡だなんだと言ってもらいながら中学を卒業することができました。

 

それから紆余曲折経て高校を卒業。大学から始めたラクロスでは関東ユースに選んでもらえたり、主将としてチームを引っ張る立場を与えてもらえたり、最後のリーグ戦では関東2部のベスト12にも選んで頂くことができました。

  

まずは人よりダメな自分でも受け入れてみること。その上で自分の可能性を信じて努力を重ねること。そうすればいつか伸びるタイミングが来た時に、自分でも驚くほど大きく成長することができる(こともある)。そんなことを14歳から29歳まで、長い時間かけて学んできました。

 

ある時ラクロスの試合を見に来てくれた姉がこんなことを言ってました。

 

f:id:datsuburasagari:20180330173430j:plain

 

最近になって僕と知り合った人にこの話をしたら、もしかして少しは驚いてもらえるかもしれません。14年間何をしてもダメで、自分のことが嫌いで、何をやっても怒られてばかりいた少年が、ある大人の一言をきっかけで少しずつ少しずつ変わっていった先に今の僕がいます。

 

そんな僕も今日からある会社の取締役になります。その会社ではこれから多くの若者に光を届けるサービスを展開していきます。3年半前に転職してきた時より、今の方がスタートラインに立ってる感がするのは不思議な気持ちですね。

 

僕は今の仕事を通じて、自分の可能性を信じることができず、自分自身を嫌いになりかけている「14歳までの僕」へ伝えたいことがあります。「14歳までの僕」は過去の自分という意味ではありません。あの時の僕と同じように気持ちが晴れない日々を過ごしているすべての人たちという意味です。

 

 

僕と同じやり方で誰もが変われるわけではありません。どれだけ継続していても伸びるタイミングは人によって様々ですし、下手したら数年かかるかもしれません。でも「始まった」感覚は始まった時にわかります。

 

まず大切なのは恐れず今の自分を受け止めること。小さなことから継続してやってみること。毎日注意深く自分を見ていればちょっとずつ変化していることに気づきます。

 

そして毎日自分自身と対話を続けること。話しかけたくない日でも、無視されても「今日は調子どう?」と声をかけてみてください。疲れて無気力な日も、二日酔いで動きたくない日もあります。そんな時は「この調子で行けそう?」という質問も有効です。「どこに行くの?」と返ってきたら会話成立。そのまま続けてみてください。あ、休憩はへとへとになる前に取りましょう。

 

 

ノラリクラリで良いから何かを続けたり、自分と対話し続けることできっかけを掴むことができるはずです。やってるけどよーわからんって人は個別で連絡下さい笑。

 

今はまだスタートからゴールまで一緒に伴走することはできないけど、この道の先でまた会えるのを楽しみにしています。

インプットと練習

かれこれ20年以上スポーツしてきてるんですが、スポーツ選手で練習しない人っていないじゃないですか。常に試合だけしたいです、みたいな人。身体動かすのが趣味ですっていう人ではいるか。でも僕の中でのスポーツ選手の定義からは外れるので置いておきます。

 

週末の草野球とかでも一定レベルになるとみんなめっちゃ練習してるし(自分の地元の友達とかは)、基本的には試合で勝つために自分をレベルアップさせる行為が練習なわけで、ここを疎かにしたら勝つことを放棄していることと同義だと思うんです。

 

それで、これもある程度スポーツしてた人ならわかると思うんですが、戦略って基本的にこの4つからどうバランスを取るかで決まっていくものなんですよね。

・自分たちの強みを最大限生かす

・自分たちの弱みをカバーする

・相手の弱みを突く

・相手の強みを抑える

※とてもシンプルに書きましたが実際は点差、時間帯、試合の流れ、選手の士気を読んで采配するのでめっちゃむずいです。

 

実力のあるチームになればなるほど普通にやりゃ勝てる状態になるので、自分たちの強みを最大限生かすことだけに注力できるようになります。逆に弱いチームほど奇をてらった作戦を実行しないと勝てない場面も出てくるわけで、野球で言えば野村監督がそういうのめっちゃ上手かった印象があります。これはこれで名指揮官の存在が際立ちますよね。

 

仕事に置き換えていうと、日々僕らって試合してるわけじゃないですか。何かしらアウトプット(価値提供)してその対価としてお金を頂いているわけで。じゃあ練習いつしてんの?って話になるんですよね。

 

もちろん日々の仕事の中で学びはあります。試合の中で活かせる技術と出会えるように。これはスポーツでも同じ。じゃあそれを反復して身体に馴染ませようとか、練習段階でそういう技術と出会うには何が必要だったのか考えるとか、めっちゃ大事だと思うんです。

そのためにはインプットだろうと。やっぱり世の中で活躍してる人を見ると持ってる情報量が違う。例えば自分が仕事中で得た「良い気付き」が、既にある本で書かれていたとしたら。その本の著者は自分の進みたい方向性の先駆者で、もしかしたらこれから自分が欲しい気付きを既に持っている人かもしれない。であればその人の書いた本を片っ端から読んでいくとか、インタビュー記事なり動画を見まくれば良い。

 

何が書きたかったか整理すると

・強い人、組織ほどシンプルな戦略で戦って勝てる。

・スポーツ選手でいう練習は、僕ら一般的なビジネスマンに置き換えると情報のインプットだと思う。

 

って話でした。今年はこの辺意識しながら動いてこー。

 

等身大で勝負する

色んな場面で大切だと思うことです。

 

そもそも等身大で勝負できないような自分にしておかないことが大事で、強い身体&体力に加えて技術があれば精神は揺らがないという。一流のアスリートたちが言うような体>技>心の順番で磨いていきましょう理論ですね。

 

等身大でいること、飾らない自分でいること。その状態でいかに高いパフォーマンスが出せるか。長く良い状態を持続させるために必要なことは何か。ずっと昔から考えていたことでもあり、最近また考え始めたテーマでもあります。

 

早くに「その場しのぎスキル」を身に着けてしまったが故に、人や物事と膝を突き合わせて深く対話する能力が身につかなくなってしまうのは勿体ない。

「うるせェ!!!いこう!!!」と言えるかどうか

自分の周りだけか、一時期やたら「コーチング」にハマる人がいました。

知識や経験を一方的に教える「ティーチング」との比較で語られることが多く、「コーチング」は双方向なコミュニケーションを通じて相手の中にある潜在的な言葉や解決策を見出していくという手法です。

※色んな定義があるのでここではニュアンスが伝われば良いです。

 

守破離に則っていけば、何事もある一定はまっさらな状態から正攻法を学ぶ「守」の時期で、ここでは「ティーチング」がモノを言うでしょう。なにせ何が正しい方向なのかもわからない状態なわけで、そんな人相手に潜在的な解決策を引き出すも何もないですよね。基礎を固めるためにはまず先人たちが築いてきた勝ちパターンを学ぶ必要があると思います。

 

一方で「コーチング」は「型を破る時期」になった時に初めて効果を発揮するんじゃないかと思います。どんな方向性に突き抜けていくのか、自分のやりたいことと、できることが食い違ったり、周りから求められてるものを考えていくうちに答えが見えなくなってくる時というのは、誰でもあるんじゃないでしょうか。そんな時に自分の心の声を引き出してくれる人の存在は有難いですよね。

 

ただ「コーチング」の「引き出す」という側面だけを見ると、本人がナリで行ける場所まで到達するお手伝いに過ぎないのではないかと思ってしまうし、実際そういう側面もあると思っています。

 

だけど仮にその人よりもその人自身の可能性や成長を信じることができれば。「うるせェ!!!いこう!!!」と言えるんじゃないかと思うわけです。このセリフは ワンピース十七巻より、海賊になりたいけど様々な葛藤があって悩んでいるチョッパーに対してルフィが言うセリフです(めっちゃざっくりした説明)

 

「うるせェ!!!いこう!!!」は、うるせえといこうの間に(俺たちと一緒に)というワードが入っているように思います。かなり丁寧に言い換えれば「色々あんのはわかるけど絶対こっちの方が楽しいから、とにかく俺らと一緒にいこうぜ!」といった感じです。

 

「ティーチング」も「コーチング」も相手の置かれているフェーズにおいて有効な施策であることは間違いないですが、僕の会社ではこの言葉を言える人を増やしていきたいと考えています。なぜならこれが言える人というのは 「相手よりも、その人自身の可能性や成長を信じることができる」からです。「リーディング」という表現が適切かわかりませんが、これが言える人は、相手が思ってるよりも遥かに高い次元に導いてあげられる人な気がします。


「うるせえいこう」人材、増やしていきます。まずは自分から。

 

ブログ再開したんですけど

人のブログ読むのが面白くて色んな方の記事読み漁ってました。

着眼点、言語化能力、文章構成力、その他あらゆる能力の結晶が記事になってる感じ。もう読んでるだけで圧倒されます。うおーってなる。

 

思えば昔からスポーツ選手のインタビューとか、その人が発した言葉から学ぶことが多かったような気がします。その人のモノの見方、考え方、感じ方は自分とどう違うんだろう?なんで違うんだろう?そんなことをよく考えていました。

 

だからなのか「サルでもわかる!できる人に共通してる〇〇シンキング」系の本あるじゃないですか。あそこから学ぼうと思っても全然ダメ。ノウハウ教えます系の本は1mmも頭入ってこないので苦手なんです。

 

多分、自分にとって「人」由来の説得力が大事なのかもしれません。この人が言うならっていうやつです。面白いと感じる本は文章自体が面白いので、コンテンツから入っても書いた人の考えを理解しようとします。これだけのことが書ける人はどんな経験をしてきたんだろう、と。

 

人(発信者)そのものにリスペクトがある場合は最初から肯定的な受け取り方をしがちなので発言内容を注意深く聞くんですが、やっぱり内容も面白いやってなることが多いんですね。その回数が多いから自然とリスペクトしてるわけですが、そうやっていくうちに「この人の言うことは面白いし信じられる」ってなるんだと思います。

 

だからこの再開をきっかけに新たな師と沢山出会い、幅を広げていきたいと思ってます。

のんびり再開

眠らせてたブログをのんびり再開。

 一回書くのやめちゃうとダメですね。腰が重たいとはまさに。

 

土日に見かけて思わず数年ぶり(盛った。数か月ぶり)くらいにtwitterに投稿した記事について会社の日報でも軽く触れました。

自分への取材が人生を変える

はあちゅうさんの記事です。

絶賛就活悩み中の教え子にも「とりあえず読んどけ」と送りつけました。

 

日頃話していて「あースゴイなー」と思う人は、大概自分に対して日々色んな角度で質問をぶつけまくってる人であることが多い。そういう人はテレビ見ながらとか、本読みながらでも常に自分と対話してるんだろうな。いやいや俺はこう思う、とか、自分だったらこうだなー、とか。

 

自分の場合、取材された記事の公開先がないと絶対に手抜きしてやらないだろうなと思ったのでブログを再開したというわけです(この時点で自分のことよくわかってるわーとか思って満足するタイプ)

 

というわけで、のんびり再開します。