脱ぶら下がり奮闘記

ゆるふわな感じで日々の出来事や考え事を書き連ねるブログです。

焼肉ランチに行ってきました

先日、ブログを始めた目的の一つだった「仕事上で関わった方の良い所を自分目線で書く」を遂行すべくアカツキの小倉さんをランチにお誘いしました。

 

初対面の時から頭のキレキレ度合に圧倒され只者でない空気感を感じていたものの、柔らかい口調から漂う安心感によって僕の中の「深く話してみたい人リスト」に入れさせてもらいました。

 

お互い、前職が不動産関連という今のフィールドとは全く別分野から転職してきたこともあり、前職の仕事内容から転職に至った経緯、今後トライしたいことまで、幅広くお話しさせて頂きました。

 

お互いの仕事に対するスタンスや哲学を話していくなかで、小倉さんの「目の前の相手に本気で寄り添い、とことん本音で前向きにアドバイスできる」人間力?というか、天性の思いやリ力みたいなものに、僕はとてつもなく魅かれてしまいました。初対面の時から感じていた、あの安心感・空気感もここから来ているのだと思います。もし今、自分が求職者の立場だったら真っ先に相談していることでしょう。

 

新卒・中途問わず、多くの求職者の方はどこかモヤついていたり、今の仕事や将来について不安を抱えていることかと思います。少なくとも自分は転職の時も不安も多かったし、自分の主張は正しいか?相手に受け入れてもらえるのだろうか?という考えが頭から離れなかった時期もありました。

 

そんな相手に採用担当という「いち営業マン」としての立場だけでなく、「いちキャリアアドバイザー」的な立ち位置で、一緒に将来のことを寄り添って考えてあげられる人事の方はとてもクールだと思います。

 

ただ、このようなスタンスはmustだと思わないし、むしろ面接受ける時点で考え固めてから来てよっていうのが普通?なのかもしれないですが、だからこそ、相手に寄り添うスタンスを持って相手と接することができる小倉さんは多くの求職者の方にとって「有難い」存在なのではないかと思うわけです。

 

自分は学生時代の就活で「面接この日にやるよー」と言われて行ってみると「何しに来たの?あれ、今日だっけ?やべぇ、ちょっと待ってて」みたいな感じでダンボール詰まれた部屋で30分待たされる、という様な経験もしたわけですが、不安定な状態の求職者にとって「された嫌だったこと」「してもらって嬉しかったこと」は意外と記憶に残ってるものですね。

 

僕は嬉しいことに、自分の周りには小倉さんの様に相手の将来に寄り添って本音でアドバイスしてあげれる方が多くいらっしゃるので、今後もゆるゆると尊敬してる方や好きな人について書く機会も増やしていこうと思ってます。

 

小倉さん、今回はありがとうございました!

 

 今後も超絶不定期に更新していきます。