脱ぶら下がり奮闘記

ゆるふわな感じで日々の出来事や考え事を書き連ねるブログです。

虚像と戦う人たち

今回はただの独り言。

 

僕は子供のころから「他人との比較」に一切意味を見いだせず、HAN-KUN的に言えば「自分が自分でいることの方がよっぽど渋い」と思ってたタチです。今思うと家庭環境が極めてレアだったからかもしれない。

 

3人の姉に末っ子長男の自分。長女はまさしく”THE長女”で親や先生の言うことをきちんと聞く真面目な優等生。そんな長女で成功した親の教育事例を全てぶち壊し、何度も家出を繰り返しながらゴーイングマイウェイを貫く次女。破天荒な次女とは真逆で石橋を5回くらい叩かないと渡らない慎重派で気配り上手の三女。

 

優秀で、破天荒で、気が配れる姉3人の中で過ごす一方で、自分だけ過剰にポンコツだったため「血が繋がっていても能力は全く別物らしい」という現実を受け入れざるをえなかった。だからかわからないけど、昔から人と人を比べて優劣を付けたり、人と自分を比べて安心したり・落ち込んだり・嫉妬したり、ということがほとんどない。それよりも昨日出来なかったことが今日できるようになることが好きだったし、そのことに夢中だった。

 

 親も自分にだけは特別扱いだったと思う。いや、どう扱って良いのかわからなかったのかな。うちは両親ともに教師なので本職は教育のプロ。けど長女で成功した初の子育て事例を次女に跡形もなくぶち壊された時はかなり混乱したと思う。次女と三女で性格は真逆だし、末っ子で唯一の男である自分はもはや未知の領域の子育てだったのではないかと思う。

 

姉弟がこれだけバラバラな方向性を行く我が家において「親の期待する子供像」はもはや存在しない。厳密に言えば過去にはあったが、次女の戦いによる破壊と末っ子の無視によって消え去った。幼少期は型にハメたがっていた母も最近ようやく「みんなちがって、みんないい」的なノリになってきた様に思える。

 

 

ここからが本題、というかわけではないけど。

 

僕は 今の仕事を始めてから、学生・社会人問わずキャリアについて不安を抱える方々とお会いしてきました。気づいたのは、多くの人が「周りの目が気になりレールから外れること」「親の期待に外れる道を選ぶこと」を恐れ、人の生き方と自分を比べてどうこう考える傾向にあるということ。はっきり言って想像以上の数でした。

 

 

 他人の評価を気にして創り上げられた「周りから期待されてる自分像」の正体って、何者なんでしょうね。

 

 

親でさえ話せば理解してくれるだろう。仮に理解が無くても社会人なんだから自分の金で稼げるから出ていけば良い。心残りがあるなら、実家に仕送りしながら成長した自分の姿を見せるという最大の親孝行に向けて努力すれば良いと思う。「周りの人の評価が気になって~」という人も多いが、大体は他人の人生にそこまで興味ないと思うし、気にするほど暇じゃないと思う。

 

だとすると彼らは何と戦っているのか。

 

判断軸となっている「周りから期待されてる自分像」

 

周りって誰?期待されてる自分像って具体的に何?そこまで気になるなら周りの誰かに何を期待してるのか聞いてみれば良い。今まで気にしてたものが本当に存在するかどうか、怪しいと思うけどね。

 

自分で道を選べるようになると楽しいし、何より楽だよ。

 

 

 

花粉症辛いから雨降ってくれて良かったー。

転職の時にキャリアアドバイザーが教えてくれたこと

前回の記事を書いて思った以上にお問い合わせをもらえたこともあり、悩める同世代向けに書いてみようと思います。

 

僕は2回の転職活動(うち成功は1回)を通じて何人かのキャリアアドバイザーの方と話をしてきました。その中である人の言葉が今でもすごい印象に残っているので紹介します。

 

「この仕事を何年かやって思ったことだけど、給料、仕事内容、職場環境、この3つのうちの1つしか転職で改善することはできない。」

 

「例えば給料を求めるなら、やりたくないことも難易度が高い仕事とも向き合わなければいけない時が来るかもしれないし、ハードな職場環境になることも覚悟しておくべきだ。」

 

「結論、1つは今よりも絶対に良くなる。ただし残り2つは相当な運がない限り現状維持か悪化すると思った方がいい。だから自分が何を取って何を捨てるか決断してください。」

 

 

僕はなるほどなーと思いました。普通に考えてエージェントだって魔法使いではないので求職者のあらゆる要素を満たした職場を紹介することはできませんよね。不動産屋の家探し同じ。

 

僕は「それなら仕事内容を選びます。あとの2つは仮に悪化しても構いません。」と答えました。この決断をする1年以上前から、自分が今何にモヤモヤしているのか、何のしがらみもなければどんなことに挑戦したいかを言語化し続けてきたので、悩むことなく即決できたのを覚えています。

 

結果的にエージェント経由ではなく友人に誘われて現職に至ったわけですが、3項目にそれぞれどのような変化が起きたか気になる人は直接会った時にでも聞いてください。

 

最近僕の中で間違いないと思えることは、上に書いた3項目の優先順位を決めて取捨選択し、選んだ道を正解にしようと努力を重ねた人しか転職は成功しないということです。よく会う間柄で言えば大学時代の親友や前職の同期は全員「あの時の決断は正解だった」と言っています。端から聞いていてもそう思えるし、彼らの顔つきを見れば努力と決断力で今の自分を勝ち取った感じがすごく伝わってきます。これはもう、驚くほど全員に共通していますね。

 

結局はただ環境を変えただけではダメで、自分にとって大事なことに優先順位をつけて決断すること、よりハードな壁が現れても努力して乗り越える覚悟が大事だということです。

 

僕はエージェントではないので仕事紹介はできないけど友人としてモヤついてることを言語化するお手伝いくらいならできるかもしれないので、そういう人は飯でも食いに行きましょう。

第二新卒転職のリアル

というテーマで書けるほど知識があるわけではないのですが、同世代の友人や後輩たちから相談を寄せられることも多いので、今自分にある知見から絞り出して書いてみようと思います。

 

第二新卒」という言葉に明確な定義はないものの、新卒で入った会社を3年以内に辞める25歳前後の人たち、という意味合いで使われることが多いです。

 

世の中的に新卒入社の約30%が3年以内に離職すると言われていて、僕が転職したのも25歳の時で社会人歴は3年目。まさに第二新卒の時でした。実はそれまでにも1回転職を試みたことがあったんですが、経験が浅すぎて話にならないことを痛感して思いとどまったことがあります。

 

本格的に始めた2回目の転職活動では、大手から海外の企業まで幅広く受けました。 そこであることに気が付きます。「基本的に聞けれることって4つじゃないか・・・?」と。

 

・なぜ今の会社に入ったのか

・そこで何を残したか、どんなスキルを積んだか

・なぜ転職しようとしているのか

・うちの会社にきて何ができるか、したいか

 

応用編というか捻った質問も当然飛んできますが、上記4つの質問に対してきちんと回答することが大前提な気がします。これらは基本中の基本と言ったところですかね。そのため転職の際はまず「新卒時から現在にかけての選社軸の変化と背景」を整理しておく必要があります。第二新卒の場合は採用する側もまだ「秘めたポテンシャル>現段階でのスキル」で見てくれるケースが多いので、この部分から固めていったほうが考えやすいでしょう。

 

自分が経験して思ったことは、学生の時にどこかで聞いたことがある

 

「最初は大手に入っておいた方が転職の時に有利になる」

 

という言葉は本当だったのかな?ということ。少なくとも僕の場合は企業名で何かを判断されたことはなく、あくまで選社軸の変化、スキルや経験だけをシンプルに見てもらえていた気がします。周りで転職して行った同期や後輩においても話を聞くと大体僕と同じみたいなので、学生の時に聞いた話は信憑性に欠けると思っています。

 

結局はどこに属していたかというより、そこで何をしてきたか、何を身に着けてきたかが大事ということですね。採る側の視点に立てば当然なんだけども・・・。

 

なんだか書いてるうちにブログの信条である「ゆるふわな感じ」が欠けてきたのと書きたい話が 恐ろしく広がりそうになってきたのでこんなとこで止めておきます。

 

 

アーリーステージの人材系企業に転職してもう1年経ったけどなんか質問ある?

■簡単な経歴

・不動産業者向けのシステムを作る会社に新卒で入る

・なんか色々違うなと思って転職を決意

・大手人材系企業中心に受けてたのにジャカルタにある会社から内定もらう

・ほぼジャカルタ行くかってなってたけど大学時代の友人に誘われて現職に出会い入社

・時同じくして4年間過ごした母校の部活でコーチを始める

・1年ちょい過ごして学びも増えたのでブログを始める(←今ココ!)

 

もうすぐ社会人になって5年目を迎えますが、ざっくり振り返るとこんな感じになります。入社した時は確か自分含め社員5人だった会社が気づけば10人を超え、これからまた更に拡大していこうという時期に入ってきてます。(親会社が350人以上の上場企業なので5人だった時期から僕は大分恩恵を受けて育ちました)

 

組織拡大のスピードやサービスの変化が早く、その中でとても貴重な経験をさせてもらえていると感じることが多いので、日々の考えや体験を記していこうと思ってブログを始めました。素人なんでカスタマイズは気が向いた時にでも。

 

最初何書こうか猛烈に悩んだ結果、企業における「採用活動」ってなんだろうねということに触れたいと思います。僕が教えてる部活では「新歓=戦力アップの最たる機会」と伝えてますが、企業においても似た意味を持つはずです。こと新卒採用においては中途採用のように即効性を求めるというより「近い将来、会社を一緒に創る仲間を集める」という意味合いが多く含まれているように感じます。

 

そうなると当然「(近くても遠くても良いけど)将来自分のいる会社をどうしたいか」というビジョンありきで物事を考え、行動を起こし、学生を口説ける人事の方のいる会社は強いです。「経営戦略に基づいた採用戦略の落とし込みが~」みたいな小難しい話ではなく、シンプルに自分の会社をどういう組織にしたいか採用担当者としての想いがあり、未来を創ることへ当事者意識を持って仲間集めができる人がいれば、そうでない場合よりも良い採用ができますよねという話。

 

ミドルフェーズの企業の多くがエース級社員を採用担当に抜擢するのも頷けますね。

 

僕の周りにはこういうタイプの人事の方が沢山いて、尊敬してやまないのでいつかここでも紹介していきたいと思います。